タクシーという仕事について

もうすぐタクシーデビューです。

タクシー会社へ入社して40日、地理試験、2種免許、研修をこなしてきました。

いや、この歳になってこれだけ詰め込むことになろうとは。

でも知識が増えていくのは面白い


タクシードライバーになるには、思ったよりも様々な勉強をこなすことが必要です。


タクシードライバーって誰でもなれると思っている人が多いと思いますが、

どうなんでしょう、確かになろうと思えば、会社を選ばければまずなれてしまいます。


(以下はデビュー後に実感できたことを踏まえて加筆修正しました)


ですが、タクシー稼業はけっこうシビアです。

・まずは身体的な慣れ、そのための生活リズムの変更。

・道を覚えるために求められる努力、それは当然としても

 覚えるまでに結構叱られ凹みます(T_T)

・もちろん、接客業ですから、丁寧でお客さまの立場にたった言葉遣い

 応対力も必要です。

・運転時に集中できるように、普段から自己管理、体調管理を

 徹底しないといけません。

・その上で、もしそこそこ稼ぎたいと思うのであれば、上のやるべきことを高いレベルで

 追求しなければなりません。


泥臭い世界ですよ。

でも、正直、シビアな稼業と理解せずに飛び込んでくる方が多すぎます。

ですから辛く感じて、すぐに辞めていってしまいます。



そのためタクシー業界は慢性的な人手不足で、採用基準もゆるく
 (大手は厳しくなってきてますが)

安易な応募 → とにかく採用 → 現実に直面し退職 → 人手不足 →
求人の蔓延 → 安易な応募

という悪循環が続いています。


まあ、業界イメージを上げていくしかないと思いますが、少なくとも東京大手タクシー会社は

より高い接客・接遇を提供できるようレベルの向上に力を入れていますので、時間はかかるかと

思いますが、少しづつ変わっていくだろうと感じているところです。


タクシードライバーになろうと思う方は、やはり「覚悟」があるのかどうか、知らない街で

お客さまをお乗せできるのか、お叱りを受けてもすぐに割り切れるか、(タクシーの中では)

たった1人で乗り越えていくのです。

車をリースして営業している個人事業主、社長としての覚悟がなければ嫌になってしまいます。


でも、これらのことを踏まえて、それでもやる、というのであれば、タクシードライバーは

・とにかく自由だし

・お客さまに喜ばれるし(高齢化社会でこれから益々求められます)

・東京であればそこそこ稼げますし

 夢を実現させるための手段としてドライバーになっている覚悟のある若者などもいます。

・様々な人との出会い、これはタクシー業が断然トップです。超富裕層からヤバイ人まで 笑

 勉強になることも多いですし、人情に触れてホロリとなることもあったり。

面白いかもしれません。



私がこのブログをやるのは、タクシードライバーはプロフェッショナルな仕事であると

ドライバー個々が誇りを持つこと、そしてタクシーの世間的な評価を上げていくために

少しでも貢献したいという思いがあります。


ですので、営業に必要な情報や、心構え、メンタル崩壊しそうな時には愚痴なども

赤裸々に書いていきたいと思います。


どうぞこれからもよろしくお願いします(^^)  



↓↓応援クリックよろしくお願いします!!

ドライバーランキング
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply