FC2ブログ

地理試験 に物申す

おはようございます。


前回に引き続き、地理試験の攻略②をお送りいたします。



と思いましたが、その前に地理試験で覚えた知識など実際の営業で使えない

という話しをしておきます。それが次の攻略に繋がると考えるためです。




地理試験の知識は、超基本レベルで知っておくべきことはありますが

営業エリアが東京23区・武蔵野市・三鷹市となるため、試験内容は

エリア内全てが対象ととても広範囲になります。


ですが、(営業で実際に使える)知識の優先順位が考慮されていませんので

地理試験で仮に満点とれるレベルまで完璧に仕上げても、残念ながら

殆ど実戦で使えないものになっています。




例えば実際にタクシードライバーとなった後に、多くのドライバーは

(自身の営業エリアによりますがマジョリティーとして)

「連雀通り」や「柴又街道」を走ったり、「長島町交差点」「谷原交差点」を

通過することなど本当に少ないにも関わらず、何故か滅多に使わない名称も

記憶することを強要されます。


※「長島町交差点」: 環七 と葛西橋通り の交差
※「谷原交差点」 : 笹目通りと目白通り の交差



知識の優先順位がなく、ほぼ誰でも時間をかければ合格できる、そして

合格後に余り役に立たない試験であることが国家試験としていかがなものかと。



ドライバーを目指す多くの方が緊張と不安を抱えてデビューしますが


・それらの心理的負荷を少しでも軽減できる生きた知識を習得させること

・営業デビュー時に少しでも自信を持って「安全・確実・迅速」に

 お客様を送り届ける、ことに繋がる内容にすること


が必要ではないでしょうか。



タクシーは、お客様を目的地まで迅速にお送りすることですから


試験内容は、例えば山手線内を中心として

「A地点乗車、B地点までのルートを既述しなさい」

と問うことで

実地に即した地理勉強をするようになりますし

即座にルートを想起する練習になります。

復習することで複数のルートを並列に検討することにもなります。


これこそ生きた知識と応用力を備える学習ではないでしょうか。


入社した会社や専門の学校、試験用教材も全て実際のルートを

求めるものになりますので、デビューするまでの2ヶ月位で

相当な知識が身につき、また使える地理知識の習得方法をも

学べることになります。



課題は採点方法です。現在、マークシート方式で行っていますが、ルートを

問う記述式にしますと個別に採点者が必要になるためコストが掛かります。


ですが、旅客運送業で最も大事なことは「安全」です。

お客様の命を預かる仕事であるわけですから、道を知らないという

精神的不安がもたらす危険性よりも、少し試験料金の設定を上げてでも

「安全」を追求すべきだと思います。


事故、違反の件数が減少するような結果につながる試験への転換により

会社も個人も、結果としてコストは低くなると思いますし、何よりも

タクシー業界がお客様の信頼を得られるメリットの方が遥かに大きいと考えます。


是非とも関係者の方々には、改善のご検討をいただければと思います。


以上、現在の地理試験について感じていることを記載してみました。



↓↓応援クリックよろしくお願いします!!

ドライバーランキング
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply